Welcome

●東京オリンピック開催決定に向けて
・東京オリンピック開催決定に伴い、訪日観光客数は急増し日本政府は2030年に6000万人の訪日観光客を予測。
・東京オリンピック開催決定からインバウンド市場の成長率は脅威的です。

●2017年度は2800万人を突破2020年には4000万人
・インドネシアやマレーシアなどのハラル市場からも訪日観光客は増加し、2020年オリンピック開催時には、新興国のさらなる経済発展による訪日観光客の増加予測されます。

●過去のオリンピック開催国のインバウンド成長データ
・1996年のアメリカ・アトランタオリンピックの4200万人 が2015年には7700万人 2000年のオーストラリア・シドニーオリンピック、2004年のギリシャ・アテネオリンピック 2008年の北京オリンピック約3000万人が2011年には約6000万人と増加しています。
・2012年イギリス・ロンドンオリンピックも開催後に観光客が増加しています。

●今がオリンピック開催後のインバウンド市場への準備期間
・世界の経済水準が高まり、コスト面の問題が解決し、新興国の人たちのオリンピック後の日本インバウンド市場へのさらなる拡大が予期されます。

●「日本ファン」を作ることが今後の拡大につながる
・「日本ファンをいかにして生み出すか」質の高い「日本製品」や、「おもてなし」と形容される「日本式」サービスは世界的に評価されています。
・今後の課題は、多様性の受け入れ拡大、イスラム教のハラル市場への対応を国のみならず、一日本企業も施策が急務です。
・日本企業の、多様な文化に対する受け入れ体制を整えることが「日本ファン」を増やしていく鍵となり多様な文化を受け入れ共生できます。

今が日本を変える新たなタイミングです!